掛け試し稽古会とは

 

空手発祥の地「沖縄」で空手型の動きを実際の戦いの中でどの様に技が掛かるか試し合う事を掛け試しと言っていたようです。

それは、実際に手(ティー)武術をやっている方に声をかけてお互いの了解の上で試し合っていたようでもあります。

 

現代では大会や試合といった力を試せる場所が整備されておりますが、同時に安全性の確保を最優先にすることで空手で言えば戦いにおいて特に効果的な型の多くの技が反則になっていることも事実です・・・

続き、詳細につきましては以下のファイルをクリックしお読みください。